ブラックフライデーウィーク最大50%オフ! │ 日替わりセールフリースブランケット60%オフ │コードはこちら: ONEDAYZDEAL1詳細を見る

八重十六菊 カフリンクス

¥3,875

一揃い

数量 :
1
  • 正面
    正面
  • アングル
    アングル
八重十六菊 カフリンクス
デザインby Garian
形状
オプションを選択:
詳細
ラウンド
 
これをシェア:
この商品について
  • 販売:
: 銀メッキ

カスタムのカフスボタンでファッショナブルに!オーダーメイドの純銀メッキのカフスリンクスは特別な日やドレスアップするのに最適なアクセサリーです。耐紫外線および防水コーティング仕上げで、この先何年もあなたの写真やデザインを色鮮やかに映し出します。あなたの周りのお洒落な男性への贈り物として最適です。

  • カフスごとの寸法:直径:2.22cm 高さ:1.9cm
  • スターリングシルバーメッキ
  • 米国製
  • ブレット留め金
  • 耐紫外線、防水
このデザインについて
八重十六菊 カフリンクス
【やえじゅうろくぎく】日本の天皇家の紋章(御紋章)/南北朝以降は、武家の家紋が生成発展していくにしたがって、有功の将士に天皇の文様が賜与され、武士は武門の象徴としてそれを望むようになる。しかし、当初は、家紋としての使用を許可するといったものではなく、拝領の御衣の着用を認めるにすぎなかったが、足利、織田、豊臣氏などに菊紋の使用が許されるとともに、勝手に乱用する例も多くなった。豊臣秀吉はこのことを嫌い、天正九年(1581)と文禄四年(1595)の二度にわたって、菊紋と、公的な紋章である菊紋の禁制を行なっている。・・・江戸時代では、大名や神社仏閣などがその権威を高めるために僭用し、役者の紋や町家の商標にまで使われていた。これが公的に禁止されるのは、王政復古なった明治元年(1868)、太政官布告によってである。また、翌二年には、親王家の菊花紋についてその種類が規制され、のちに「皇族家紋雛形」が図示されるようになる。しかし、紋自体が図形として厳密に制定されるのは、大正十五年の「皇室儀制令」まで待たなくてはならない。ここでは、天皇はじめ各皇族方の紋章が規定され、図形としてもその位置、大きさなどが様式化される。これ以後、戦前・戦中を通して、菊花紋は皇室の紋章として厳格に保持されていくが、敗戦によって旧体制が崩壊したあと、昭和22年に「皇室儀制令」が廃止される。現在は法的な禁令はなされていない(「日本姓氏紋章総覧」)
6商品もご用意
ブラックフライデーウィーク最大50%オフ! │ 日替わりセールフリースブランケット60%オフ │コードはこちら: ONEDAYZDEAL1詳細を見る
レビュー
この商品についてのレビューは、まだありません。
この商品を購入しましたか? レビューを書きましょう!
タグ
カフスリンクス

御紋章

家紋

八重十六菊

皇室

天皇

kamon

garian

chrysanthemum

全ての商品:
御紋章家紋八重十六菊皇室天皇kamongarianchrysanthemum
その他の情報
商品 ID: 256737347072661483
出品日:
レーティング: G 違反を報告する
最近閲覧された商品