新しいカードで秋をスタート! 人気の名刺50%オフ!  │ コードはこちら: BIGBIZCARD50詳細を見る

八重十六菊 ラウンドシール

¥686

1シート20枚入りにつき

数量 :
1
  • 正面
    正面
八重十六菊 ラウンドシール
デザインby Garian
クラシックラウンドシール
スモール、3.8cm(1シート20枚入り)
更に見る (2)
オプションを選択:
詳細
スクエアシール
 
詳細
クラシックラウンドシール
 
詳細
長方形シール
 
詳細
三角形シール
 
詳細
スターシール
 
詳細
楕円形シール
 
詳細
ハートシール
 
これをシェア:
この商品について
  • 販売:
: クラシックラウンドシール

いろんな機会に使える便利なカスタムシール。特別な郵便物やお子様のスクラップブック、DIYプロジェクトなど、あなただけのユニークなステッカーを作成してください。

  • サイズ: 2サイズをご用意:
    • ラージ: 直径7.62cm、1シート6シール入り
    • スモール: 直径3.81cm、1シート20シール入り
  • 白い中性紙にプリント
  • 鮮やかなフルカラー、フルブリード印刷
  • 引っかきキズがつきにくい表面、はがしやすい裏面
  • 艶消しマット仕上げ、または光沢仕上げ
  • カスタマイズするボタンをクリックし、7種類の形からお好きなスタイルをお選びください。
このデザインについて
45商品もご用意
八重十六菊 ラウンドシール
【やえじゅうろくぎく】日本の天皇家の紋章(御紋章)/南北朝以降は、武家の家紋が生成発展していくにしたがって、有功の将士に天皇の文様が賜与され、武士は武門の象徴としてそれを望むようになる。しかし、当初は、家紋としての使用を許可するといったものではなく、拝領の御衣の着用を認めるにすぎなかったが、足利、織田、豊臣氏などに菊紋の使用が許されるとともに、勝手に乱用する例も多くなった。豊臣秀吉はこのことを嫌い、天正九年(1581)と文禄四年(1595)の二度にわたって、菊紋と、公的な紋章である菊紋の禁制を行なっている。・・・江戸時代では、大名や神社仏閣などがその権威を高めるために僭用し、役者の紋や町家の商標にまで使われていた。これが公的に禁止されるのは、王政復古なった明治元年(1868)、太政官布告によってである。また、翌二年には、親王家の菊花紋についてその種類が規制され、のちに「皇族家紋雛形」が図示されるようになる。しかし、紋自体が図形として厳密に制定されるのは、大正十五年の「皇室儀制令」まで待たなくてはならない。ここでは、天皇はじめ各皇族方の紋章が規定され、図形としてもその位置、大きさなどが様式化される。これ以後、戦前・戦中を通して、菊花紋は皇室の紋章として厳格に保持されていくが、敗戦によって旧体制が崩壊したあと、昭和22年に「皇室儀制令」が廃止される。現在は法的な禁令はなされていない(「日本姓氏紋章総覧」)
レビュー
この商品についてのレビューは、まだありません。
この商品を購入しましたか? レビューを書きましょう!
タグ
シール

御紋章

家紋

八重十六菊

皇室

天皇

kamon

garian

全ての商品:
御紋章家紋八重十六菊皇室天皇kamongarian
その他の情報
商品 ID: 217431639550287723
出品日:
レーティング: G 違反を報告する
最近閲覧されたアイテム
ロードしています…
ロードしています…